HOME > シシィ > シシィについて
美神に愛されし自由を愛する皇妃

SISI[シシィ]

エリザベート皇后(Kaiserin Elisabeth, 1837/12/24-1898/9/10)は
オーストリア皇后兼ハンガリー王妃で皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の后で
その美しさは当時のヨーロッパ宮廷一と言われています。

「シシィ」の愛称で知られる彼女はヨーロッパの名家・ヴィッテルスバッハ家
バイエルン王国の王族の1人として生まれ、幼少の頃は父と野山を歩き回り、
颯爽と馬を乗りこなす型破りな公爵令嬢でした。

そんな彼女は姉・ヘレーネの見合い相手だった、従兄である皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に
見初められ16歳で結婚、オーストリア帝国皇后となります。

しかし、うわべばかりの社交界より、村の人々と気さくにつきあう事を好んだ父の気質を
多く受け継いだ皇后は、姑であるゾフィー大公妃がとりしきる宮廷の厳格さに絶えられず
大西洋に浮かぶマデイラ島などに療養に行ったり、夫の同行でイタリアを訪問したり、
個人的に病院を慰問したりと、ウィーンから次第に離れるようになりました。

特に皇后が心安らぐ最高の場所としたのは、
当時オーストリア帝国の一部となっていたハンガリー。

彼女は過去に分割、被支配と様々な苦難の歴史をたどったハンガリーが
現在、平和な独立国家となった礎を築いた人物として、
今もハンガリーの人々の心に生き続けています。