ルイ14世が賛美した世界3大貴腐ワイン「トカイワイン」

紀元前から自生の品種によるぶどう栽培が行われ、
東欧の中でも長い歴史をもつワイン名産国、ハンガリー。

ルイ14世が、ワインの王様と称して賛美した「トカイワイン」は
フランスのソーテーヌ、ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼと
ともに「世界3大貴腐ワイン」に数えられており、
ハンガリーだけではなく世界中の人々に愛され続けています。